歯医者嫌いを克服するためのポイントを紹介!これであなたも虫歯ゼロ

歯のスペシャリストである歯医者が心掛けている事とは?

治療目的の違い

歯医者には、審美歯科と一般歯科の二つが存在します。これらの違いを把握することで、今必要としている治療を知ることができます。

歯医者VS審美歯科の違いをチェック!

審美歯科の診療内容

歯の美しさを追求した治療をします。歯を白くする、歯の形を変える、歯茎をピンク色にしたいなどの悩みに着手します。ただ、ほぼ全ての治療は自費扱いとなります。

歯医者の診療内容

入れ歯、ブリッジ、インプラント、虫歯治療、予防歯科など歯全般の治療を扱うのが歯医者です。こちらは保険が適用されるので、費用負担はそこまでありません。

歯医者嫌いを克服するためのポイントを紹介!これであなたも虫歯ゼロ

歯型

感心させられる歯医者の行動

最近の歯医者は若い歯科医師の教育に熱心で、歯科医師自身が海外飛び、最新技術を日本に持ち帰ることもあります。こうした取り組みは、六本木の歯医者でも積極的に行っているようです。また、新宿駅付近の歯医者では、歯医者は怖いところというイメージを払拭すべく、痛みの少ない優しい治療を心掛けています。昔の治療方針とはだいぶ違うでしょう。

歯型

一般歯科も審美歯科を導入

より専門的な治療になる審美歯科を一般歯科でも取り入れるところが増えています。メリットは、歯の治療を一つのクリニックで完結できることです。別々に通う手間が省けるのはとてもいいでしょう。

男の人と女の人

治療の進め方

治療の希望や、歯の悩みを総合的に見ていき、それに合わせた治療計画を立てていきます。また、このような治療をしてほしいという要望にもしっかり耳を傾けます。本格的な治療をする前に、口腔内のチェックを行い、同意を得た上で進めるので、治療に関するトラブルとは無縁です。

歯医者に通っている人の声

案外大丈夫でした

ドリルの機械音が苦手で、歯医者に行くことができませんでした。しかし、いざ治療を受けてみると痛みをほとんど感じることなく、すぐに終わったので驚きました。先生や歯科衛生士の方も優しくして頂き、とても居心地が良かったですよ。

守口市で好評な歯医者さん